審美歯科

審美治療

「審美」という言葉の響きから、どのようなことを想像されるでしょうか。
審美歯科とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野の事を指します。
審美歯科の具体的な治療として
・ 歯についた汚れを落とすクリーニング PMTC
・ 歯の色素を改善するホワイトニング
・ セラミックなどの特殊材料による被せ物
・ 歯並びをきれいにする歯列矯正
・ 歯ぐきについた色素を取り除くレーザー治療
歯の機能的な側面と、審美的な側面、ともに日常生活を送るには重要な要素です。
患者様にとって、悩みも様々ですし、それに対する審美歯科の治療方法も様々考えられます。
あきらめていた歯の悩みを解決いたします。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

・金属アレルギーが気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが

審美歯科の料金

内容 セラミック、ジルコニア等で作製した被せ物を使用し、口腔内の見た目と機能を回復する治療です。
費用 1歯45,000円〜120,000円(被せ物の大きさ、素材により変動)
通院回数 3〜5回
治療期間 1〜3ヶ月
副作用やリスク、デメリット 金属に比較して破損のリスクがあります。